第15回金沢大學ホームカミングデイを開催

10月30日,角間キャンパスで第15回金沢大學ホームカミングディを開催し,卒業生ら約130名が參加しました。

歓迎式典では,最初に金沢大學合唱団が校歌を斉唱。次に,山崎光悅學長,山出保金沢大學學友會會長のあいさつの後,和田隆志理事から本學の近況報告がありました。

続いて行われた留學體験報告では,人間社會學域4年の無量井文恵さんと大學院自然科學研究科博士後期課程2年の中窪圭佑さんから,海外での留學體験を通して感じたことや學んだことなどが語られ,課外活動報告では,テニス部所屬の理工學域3年の渋井諒さんから,最近の硬式テニス部の活躍について,報告が行われました。

特別講演として,社會福祉法人佛子園理事長の雄谷良成氏(昭和60年教育學部卒業)が「ごちゃまぜ」と題して講演。參加者らは,興味深く聞き入っていました。

また,歓迎式典後に行われた學友會役員総會では,山出保學友會會長のご勇退に伴い,新たに安宅建樹 氏(昭和48年法文學部卒業)が新會長に選出されました。

卒業生らは學生時代を懐かしみながら,舊交を溫め,次年度(10月29日(土)開催予定)の再會を約束しました。

  • あいさつする山崎學長
  • 在學生による海外留學體験報告
  • 講演する雄谷氏
  • 役員総會にてあいさつする安宅新會長
Pocket
LINEで送る